D-スペシャリストD-Specialist

特許を通じて 事業に貢献する

株式会社アビリティ・インタービジネス・ソリューションズ

T.Y

特許調査部門と特許事務サポート部門のリーダーを兼務しており、知的財産に関する総合サービスの立ち上げに向けて、邁進しています。大学卒業後、大興テクニカルセンターに配属され大手電子機器メーカーでの知財部門を担当し、特許の出願・権利化や模倣品対策の業務を行ってきました。
現在、特許調査や特許情報分析を行っています。
技術の最先端に触れる機会が多く、文書を読んだり書いたりしながら未来の発明品を「頭の中でイメージする」ことは、知的好奇心を刺激されます。
特許における基本的な仕事は、発明の解決原理を考えて出願することです。「なぜそうなっているのか」「なぜこのように考えるのか」など、それぞれの案件にある根源を多角的に考えることで、自分の枠にとらわれない広い視野で仕事に取り組めるのだと感じます。
特許の仕事は特許法という法律を理解する必要がありますが、理解したからといって自分ひとりで進めていけるものではありません。法律の専門家である弁理士や技術の専門家である発明者、また企業経営の専門家の方々と情報を共有しながら、進めていきます。
広い知識と経験を必要とし、また困難な場面も多いですが、様々な状況の中で頼りにされることも多く、やりがいを感じます。
また専門的な知識を持ったパートナーと協力して仕事ができることは、自分自身のスキルアップにもつながるので、大きな魅力を感じています。

大興グループが提供する「DDXサービス」は、私の所属するアビリティ・インタービジネス・ソリューションズという会社の枠を超え、さらに大きな位置づけとなる総合サービスに成長しています。私自身「多様な能力が連携した企業を目指す」という思いのもと、業務に携わってきました。「様々な高い専門性を持った人が集まり、個では実現できない仕事を実現する」という会社の理念が“かたち”になっていると実感します。
これからも大興グループで“多様な専門性を持ったスタッフとともに働き、いろんな刺激を受けながら急速な時代の変化に対応した新サービスを生み出していく”そんな仕事をしたいと思います。

株式会社アビリティ・インタービジネス・ソリューションズ

T.Y

係長(特許調査・特許コンサル担当)
2001年 入社
広島県出身