D-スペシャリストD-Specialist

ものづくりを解析でサポートする

株式会社ダイコーテクノ

M.U

CAEの解析を担当しています。CAEとは、製品開発の初期段階から、コンピューターを使って、試作や試験のシミュレーションを行い、できるだけ少ない回数で、高品質な製品を開発するための設計技術を指します。
請負での解析業務は、長くても2か月程度であるのに対し、製品開発の解析は、詳細設計が完了するまで、検討・対策を繰り返します。
私が担当したプロジェクトでは、約5年もの長い期間、携わりました。解析手法の確立に始まり、試験と解析の整合確認、対策検討や評価検討など、多岐にわたりました。苦労が長かった分、完成後にお客様から労をねぎらってもらえたときは、とてもうれしかったです。
長年、解析の仕事を行っていますが、常に意識していることは「お客様の依頼に対し、120%の結果でお返しする」ということです。
限られた時間で取り組む中、早め早めに行動し「解析結果が妥当か?」とか「不具合はないか?」と自問自答しながら、できるだけ早くお客様へ回答するよう心がけています。

今は、製品づくりに携わっていませんが、もう一度、製品開発の現場で、解析に携わってみたいと思います。いざプロジェクトが始まれば、がむしゃらに働かなければならず、苦労が多いのも理解していますが、自分自身「ものづくりをしている」という感覚を味わいたいという気持ちが強いです。
「DDXサービス」については、CAEの解析によって、どれだけサービスの向上につながるか未知数な部分もありますが、これからの私たちの努力によって、ひとつの道ができればと思っています。

株式会社ダイコーテクノ

M.U

係長/CAE解析
2008年 入社
島根県出身